上海万博エストニア館プロジェクト円満終了

2010.12.10
    2010年10月31日、上海万博が順調に閉会し、上海サイスターが担当したエストニア館における客流計測プロジェクトも円満に終了した。当該システムは、万博開催期間(計157日)において問題もなく安定稼動を続けていました。膨大な客流(15,000人以上)など環境影響や不利な条件を克服して、お客様に精度の高い客流情報及びレポート作成サービスをタイムリーに提供し、1日当たりの計測精度は90%以上達して、お客様から大好評を頂きました。

    先日、本件に関するパートナー企業「上海中外建工事設計とコンサルティング有限公司」から総括報告書が届き、当社の客流計測製品及び技術支援サービスを高く評価して頂きました。先方は、今回のプロジェクトをきっかけに、両社の協力関係が今後ますます強化されることを希望されました。