会社概要

会社名          上海サイスターソフトウエア有限公司
                   Shanghai Cystar Software Co., Ltd.
設立年月       2003年3月
資本金          30万米ドル


サイスターとは

  上海サイスター社は、コンピュータやネットワークシステムと画像処理・認識ソフトウエアの開発・販売及びそれに関連するソリューション、技術コンサルティングと技術サービスを提供するハイテク企業である。サイスターは2003年3月に上海で設立された。当社は日本と米国のハイテク企業と良い関係を維持しながら、中日間と中米間における業務が順調に発展している。

  当社は中国のトップ大学(例えば上海交通大学、復旦大学、浙江大学など)と共同研究において提携し、外国の大手企業に画像処理・認識やネットワークとコンピューティング領域で業界をリードする研究開発アウトソーシングサービスを提供している。

  また、当社は積極的に上記の研究開発における成果を中国市場において製品化を推進している。日本の某大手会社と上海交通大学が共同研究開発された遠隔知能映像監視システムは例の一つである。当社は、製品設計、システムインテグレーション、システムテストなど技術統合サービス提供した上、製品販売及びマーケティングも担当している。当社は革新技術成果を商用化させることにより、顧客により先端な技術製品及び関連サービスを提供している。


経営理念

  上海サイスター社は顧客のニーズと要望を把握し、高度な技術力と豊富な経験を用いて、顧客に最適なソフトウェア製品とソリューションを提供することで、社会のデジタル化、ネットワーク化と情報化を推進していく。また当社が提唱している「ソフトウェア開発企業 + ネットワーク + お客様」というモデルを用いて、時間・空間の限界を超え、いつでもどこでも良質かつ便利なソフトウェア開発および関連サービスを提供する。


経営目標

  「デジタル化、ネットワーク化と情報化」の発展動向に従い、コンピュータやモバイル通信とネットワークシステムにおけるソフトウェアを、研究開発→製品化→市場化を進めることで、競争激化しているIT業界にあっても、「技術力+ブリッジング力」による万全なサービスでお客様と共に勝ち取って行く。