客流計測システムの導入事例

導入事例1: 2010年上海万博エストニアパビリオン

    客流計測システムが2010年上海万博のエストニアパビリオンに導入されました。

    当該システムは、一般型客流計測モジュールを採用し、万博開催期間(2010年5月~10月)において問題もなく安定稼動を続けていました。膨大な客流などいろいろな不利な条件を克服して、お客様に精度の高い客流情報及びレポート作成サービスをタイムリーに提供し、1日当たりの計測精度は90%以上達して、お客様から大好評を頂きました。

 

導入事例2: 上海某大型博物館

    2010年9月~10月、サイスターは幸運なことに上海のある大型博物館に、高精度客流計測システム提案&製品の評価・試用を提供させていただきました。博物館内の各展示室に対して、客流監視をリアルタイムに行い、客流情報掲示板、混雑警報、各類の統計解析レポートなどサービスを提供しました。

    当該プロジェクトでは、弊社は客流計測の核心映像解析アルゴリズムを改善して、新型の高精度客流計測モジュールを開発しました。博物館内部の照度(例えば、照度が低い、 屋外と屋内の照度差が大きいなど)、床材(床板、床タイル、じゅうたんなど)及び環境(複雑な客流状況)など不利な条件を克服して、計測精度を98%以上達成し、既に国内における同類製品の中でトップの地位にあります。最終検収では、弊社の高精度客流計測システムをお客様の各種ご要望に完全に合致させ、しかもご要求以上の精度を実現させ、お客様から大好評を頂きました。