知能映像監視システム (IVS)

製品概要

    知能映像監視システムは、上海サイスター社と日本の某大手委託元及び上海交通大学と共同で研究・開発した新世代知能映像監視システムです。このシステムは最先端コンピュータビジョンと映像分析アルゴリズムを用い、映像監視画面に対してリアルタイムに処理と分析を行い、予め定義した複雑な行動パターンについて自動的に認識・記録・警報ができます。検知エリアへの侵入(片方向/ 双方向による区域への入室/退室)、滞在/徘徊、共連れなどに対して正確な判断、警報が出されます。また、不審者の顔画像に対する追跡・記録機能と監視カメラの異常(遮蔽、移動或いは破壊行為など)検出機能などにより、監視区域の安全を確保します。

    当社の知能映像監視システムは、博物館、展示会、オフィスビル、学校、コミュニティ、商業センターなどにおける監視に適用されます。従来の人力依存を克服し、拡張性の高いネットワーク構成とデジタル化ストレージ方式により、お客様のご要望に応じた知能セキュリティーシステムソリューションを提供します。


システム機能図

 

システム特徴

  • 技術先進性
    上海交通大学、日本のトップレベルの科学研究機関と協力し、最先端コンピュータビジョンアルゴリズム、デジタル映像分析技術とIPネットワーク技術を利用します。
     

  • 知能化監視
    従来の映像画面による監視のみでなく、知能化測定、認識と警報機能も提供しています。具体的には、不正侵入者検出、徘徊検出、共連れ検出、制限区域における監視、不審物検出、顔検出、カメラ異常検出など。
     

  • 高集積化管理機能
    デジタル化によるビデオとデータストレージ、集中制御構成、全機能管理プラットフォームとWEB化された管理インターフェースにより、簡単でシステムの操作、管理と保守を実現できます。
     

  • 柔軟な配置&高い拡張性
    分散型且モジュール化された機能、多段構成及びIPネットワーク技術を用い、実際の規模によって柔軟な配置と簡単な拡張を実現します。
     

  • 優れた互換性
    現有の映像監視システムの変更が不要で、映像監視機能を簡単に追加できるし、現有システムとシームレスに繋ぐことも可能です。