知能映像監視システムの機能

知能映像監視システムの機能について

移動人物の顔を検出し、最も良い結果を自動出力、保存できます。
特定区域又は境界への侵入行為に対する監視と警報を行います。

 

侵入画面
立入禁止区域を監視、滞在者や徘徊者を検知した場合、すぐに警報を出力します。

徘徊警報
展示エリアにおいて、貴重品への接近や破壊など行為を検出します。検出された場合は、アラームを鳴動させます。

違反画面
入口/出口における共連れイベント或いは擬似行為を検出し、警報を出力します。

共連れ画面
監視エリアにおける不審物や置き去り物体を検出し、警報を出力します。

 

警報画面
室内にいる人物総数を実時間で検出して計数できます。

室内計数
カメラ異常(遮蔽、移動、回転或いは破壊など)を早期に検知して、警報を出力します。

異常例

 

システム管理機能

  • データ管理
    映像を含むすべてのデータに対して集中保存を行い、デジタル化した保存方式によりデータ管理が簡単に実現し、映像、画像及びアラーム情報などの検索もできます。
     

  • 権限管理
    部署別の権限設定により、お互いに全く干渉することはありません。
     

  • 監視機能
    ポイント全体のリアルタイム監視画面は、ネットワーク経由で表示されます。
     

  • 診断機能
    システムの主要設備の動作状況(カメラ、知能検知ノード、サーバーなど)に対して、監視&管理を行います。
     

  • 制御機能
    監視ポイントのカメラと知能検知ノードを制御し、動作パラメーターの変更や動作状態の調整などを行います。
     

  • アラーム管理
    アラーム情報を警報システムと管理者に発送して、標準インターフェースを通してお客様の現有警報システムとの連動ができます。