知能映像監視システムの導入事例

導入事例 1: 某企業の工場地区における監視

    該社は、臨港新城の辺鄙なところにあり、セキュリティ施設がきちんとされていない(塀が低くて、電子セキュリティフェンスを適用しなくて監視できる範囲に制約があるなど問題がある)ため、セキュリティ上のリスクが存在します。

    サイスターは、該社の事情に合わせて、従来の監視方法と知能映像分析を結び付けたソリューションを作り上げました。該社現有の監視システムのカバーできなかった重要区域も検知エリアに組み入れることができました。幾つかの重要監視ポイントに対して、知能化した監視機能(不正侵入者検出、徘徊検出、カメラ異常検出機能など)を導入することで、セキュリティ上の欠陥を解決し、知能警報機能の追加で、安全性を向上させました。更に、コストパフォーマンスの高い国産監視設備を導入して、現有システム及び設備との互換性を重視、お客様側のコスト削減を実現し、大好評を頂いております。

導入事例 2: 学校向けセキュリティ

 

    サイスターは、某市の教育局に(中小学校及び幼稚園を対象とする)「平安校園」という知能映像セキュリティ・ソリューションを提案しました。

    学校・幼稚園向け不審者対策、事故防止などへの要望が益々高まり、信頼性・安全性の高い監視システムを構築することが非常に重要となります。しかし、従来のアナログ映像監視は監視画面しか表示されず、自動的な早期警報ができません。その上、映像記録の検索もかなり手間が掛かります。サイスターの知能映像監視製品を従来のシステムに導入するだけで、すべての問題を解決することができます。

    サイスターは、中小学校と幼稚園の事情に合わせて、「平安校園」という知能化ソリューションを作り上げました。顔検出、不正侵入者検出、徘徊検出などの監視機能を利用して、ゲート、塀、教室棟の入口、回廊、寮など区域に対して監視を行います。不審者の侵入又は滞在が検出された場合、アラームを鳴動させる。 また、アラーム発生時の画面と関連情報が自動的に保存されるため、ユーザは、システムの管理プラットフォームからすべての記録と情報を検索・管理することができます。

    アラーム情報は、標準インターフェースを通じてアラーム・メインフレーム或いは他のアラーム設備にアクセスして、お客様側のアラームシステムとの統合を実現します。されに、アラーム信号を110番(警察)センターなどへの転送も可能です。